不倫の慰謝料について - 細川行政書士事務所

 不倫(不貞行為)とは、既婚者が配偶者以外の異性と自由意思で肉体関係を持つこととされています。 


 そして、慰謝料とは、不貞行為が成立した場合に、不貞行為を行った者が、不倫相手の配偶者の受けた精神的苦痛に対して賠償する金銭のことです(民法第709条及び第710条)。


 その夫婦が離婚しないと不倫の慰謝料を請求できないということはありません。その不倫が原因で離婚に至らなかったとしても、不倫をされた配偶者が精神的苦痛を受けたことには変わりはないからです。

 

 ただ、その不倫によって離婚に至った場合に受ける精神的苦痛と離婚に至らなかった場合に受ける精神的苦痛は、一般的には離婚に至った場合の精神的苦痛の方が大きいとされておりますので、損害賠償額(慰謝料額)も大きくなることが多いいようです。

 

 当事務所で扱った案件では、慰謝料額700万円というものがありました。このケースでは、旦那様が現金の持参を強く主張され、公証役場に現金700万円を持参し、その足で銀行に行き700万円を確認して奥様の口座に入金し、また公証役場に戻り、公正証書に旦那様と奥様が離婚公正証書に署名捺印をしました。旦那様が慰謝料額として十分な700万円を支払ったので、旦那様の不倫相手の方は、慰謝料を支払う必要がなくなったわけです。公証人の先生には大変お世話になりました。その後、旦那様は不倫相手の方と再婚をされました。

 

 しかし、特殊な事例を除き、一般的に慰謝料額は、50万円~200万円くらいで落ち着くようです。実際に弊事務所で示談書を書かせていただいた事例では、30~150万円程度が多いです。相手ご夫婦が離婚された場合は、100万円を超える額、離婚されていない場合は100万円以下が多いように思われます。但し、これはあくまで弊事務所の感想でありますので、参考程度にとどめて頂ければと思います。慰謝料は精神的苦痛に対する損害賠償であり、個人の受け止め方により苦痛の感じ方も異なりますので、一概に、断定はできません。