不倫の慰謝料請求をされた場合 - 細川行政書士事務所

 不倫相手の配偶者から、慰謝料請求された場合、どのような対応をするのがよろしいでしょうか。以下に、弊事務所の考えを記させていただきます。


1、相手と肉体関係がなかった場合


ご自分が配偶者のある異性と肉体関係を持たなかったことが事実である場合には、不倫関係を否定したり、相手の要求を無視することもよろしいと思います。


しかし、たとえ肉体関係までには至らなくても、相手に不安や精神的苦痛を与えたことも事実でありますので、相手の気持ちも考えて、不倫関係は否定したうえでの話になりますが、慰謝料ではなく、解決金等の名目で迷惑料を支払うのも1つの方法ではないかと思います。

もちろん、現実問題として肉体関係がないのであれば、あくまで否定しても問題はありません。但し、相手の方が法的手続を起こす場合もあります。その際には、こちらとしても弁護士を立てて手続きにおこなうことになろうかと思います。


たとえ相手の訴えが認められず、こちらが勝訴したとしても、原則として弁護士費用を負担することになりますので、それなりの金額がかかります。その点も考慮して、相手とうまくまとめる方向で考えられるのもよろしいかと思います。


以上の点にもとづき、相手の要求を無視する、相手と話し合いをする、または相手からの内容証明に対して回答をすることになろうかと思います。


2、相手と肉体関係があった場合


この場合は、素直に事実を認めて、相手に慰謝料を払うことが1つの方法です。その際に問題になるのは、慰謝料の額ではないかと思います。50~200万円程度で収まることが多いです。


しかし、たとえ肉体関係があったとしても、不倫相手に配偶者がいることを知らず又知らなかったことに落ち度がなかった場合や、不倫行為の相手の夫婦関係がすでに破綻していた場合は、不倫行為(不貞行為)には該当しません。したがって、そのような場合は、相手の慰謝料請求が根拠のないものである旨を理解したうえで、不倫行為はなかったとの主張をするのもよろしいと思います。


なお、不倫相手に配偶者がいることを知らなかったことや、相手の夫婦が破綻していたことを立証することは難しいようです。したがって、あえて、最初から、これらを前面に出して主張せず、単純に、不倫行為をしていない事だけを主張するのがよろしいかもしれません。


すなわち、不倫行為があったことを証明することは、相手の責任です。相手がその点を証明できた時点で、はじめて、反論として、相手が既婚者と知らなかった点、又は、相手夫婦がすでに破たん状況にあった点を主張する流れにするのがよろしいと思います。


以上をもとに、相手との話し合いや、相手からの内容証明に対する回答をされることになろうかと思います。