内容証明郵便の出し方 -細川行政書士事務所

1、内容証明郵便の出し方


以下に、内容証明郵便の出し方を記載いたしますので、参考にして頂ければと思います。


(1)用紙
 用紙は自由ですが、手書きの場合は、日本法令などの専用用紙を使う方が便利です。また、インターネットで検索すれば、内容証明用の用紙をダウンロードできるサイトがありますので、ご利用されるのもよろしいかと思います。


(2)決まりごと
① 内容証明は3通作成します。 

② 一行20字以内一枚26行以内であり、縦書き又は横書きのどちらでも構いません。 

③ 使用できる文字は、かな、漢字、数字に限られます。英字は固有名詞のみです。なお、日本文のみです。外国文の内容証明は作成できません。一般の記号は使用可能です。句読点、記号も一個一字で計算 します。 

④ 内容証明は枚数に制限はありません。ただし、複数枚におよぶ場合はページとページの間に契印(割印)が必要となります。

⑤ 訂正方法が決まっています。(二重線で抹消し「二字削除一字加入」のように記載しなければなりません。) 

⑥ 差出人の住所、氏名、受取人の住所、氏名を記載します。通常は差出人の氏名の下に捺印をします。 

⑦ 最後に、封筒を1枚用意し、封筒の表面に受取人の住所、氏名、裏面に差出人の住所、氏名を記載します。封をしてはいけません。

 

(3)内容証明の郵送手続き

 ・内容証明郵便にする手紙3通

 ・封筒一通

 ・差出人の印鑑

 ・郵便料金

を持って集配郵便局(指定無集配郵便局)へ行きます。そして、窓で、内容証明郵便の手続き依頼をします。その際、内容証明郵便は 「配達証明付き」にしてください。配達証明とは、受取人に配達された かどうか、配達されたら何時配達されたのかを証明するものです。 手紙一枚で配達証明付きの場合、合計1220円かかります。