別居・婚姻費用合意書 - 細川行政書士事務所

 もし貴方の旦那様が不倫行や暴力行為をしていて、あなたが将来的に離婚をすることになるかもしれないと考えている場合や、旦那様が二度と不倫はしないと約束しているが、しばらくは別居してみようかと考えている場合に、婚姻費用(夫婦のどちらが家計を握ってどのくらいの金額を生活費として配偶者に渡すか)を決めておくことは重要であると思います。一般的に、このような取り決めを、婚姻費用合意書や別居合意書などと呼びます。別居しなければ作成していけない事はなく、同居していても作成は可能です。
 

 この合意書は、中心になる取り決めが婚姻費用に関することです。婚姻費用とは、先述のとおり、夫婦が別居して暮らしている場合などに一方の配偶者から他方の配偶者に生活費として渡す金銭の事です。別居していても、離婚するまでは婚姻関係が継続しており、夫婦として生活できる関係を維持していくことが必要となります。これは、夫婦間の扶助義務に基づくものです。

 

  以上、離婚はしないのだけれど、夫婦が暫く別れて生活するようになった場合は、婚姻費用などについて合意書書を作成しておくことがよろしいかと思います。

 

 料金一覧表はこちら