離婚と姓 ー 細川行政書士事務所

1、離婚と配偶者の姓

 

 婚姻によって姓を変えた配偶者は、離婚により旧姓に戻ります。多くの場合、妻が結婚に際して夫の姓に変わりますので、離婚によって妻の姓が結婚する前の姓に戻ります。
  
 しかし、旧姓に戻ることで生活に支障をきたすこともあるため、離婚後も離婚時の姓(夫の姓)を名乗ることができます。例えば、仕事をしていた妻が離婚後も仕事を続けていく場合、離婚前の姓に戻すと、職場の同僚や仕事上の取引相手などに離婚したことがわかってしまうなど、プライバシーを知られてしまうことに抵抗がある場合などです。
 

 離婚時の姓を名のるためには、離婚後三か月以内に、届人の住所地か本籍地の市区町村役場に「離婚の際に称していた氏を称する届」という用紙に必要事項を記載して提出します。多くの場合、離婚届と一緒に提出するようです。なお、そのことに関しての離婚相手の同意は不要です。

 

 離婚後三か月を過ぎてから、離婚の際の姓を名のるためには、「氏の変更届」を家庭裁判所に提出し、家庭裁判所の許可を得る必要があります。また、 離婚に際して離婚時の姓を選択した後に旧姓に戻す場合も同様の手続きが必要となります。そして、裁判所の審判書の謄本を役所に添えて氏の変更を申請します。
 
2、離婚と子供の姓

 

 子供の戸籍と姓は、親の離婚を原因として変わることはありません。例えば、夫を戸籍筆頭者とする子供のある夫婦が離婚した場合、妻はその戸籍から抜け、姓も旧姓に戻ります。しかし、子供は夫の戸籍に残り、姓が変わることもありません。(但し、子供の戸籍記載事項欄には、両親の離婚の事実と親権者が記載されます。)
 
 その結果、母親が親権者でも子供の戸籍は父親と一緒であることが多くなります。 すなわち、日本では、夫を戸籍筆頭者とする婚姻が多く、逆に離婚した場合の親権者は妻が指定されることが多い為、親が離婚した場合、子供の親権者は母親であるのに、戸籍は父親と同じ戸籍に入ったままという事例が多くなります。
 
3、子供を母親の戸籍に入れる 

 

 そのような場合には、子供の姓を変更することで母親の戸籍に入れることができます。手順は以下の通りです。
 
(1)子供の姓を母親の姓にする

 子供の住所地を管轄する家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の申し立てをします。この申し立ては、子供が15歳以上であれば子供自身でおこなえますが、15歳未満の場合は法定代理人がしなければなりません。その為、離婚時に親権者と監護者を別にしている場合、監護者からの申し立てはできないことになります。

 

(2)子供の戸籍変更手続き

 

 家庭裁判所から子供の氏の変更手続きの許可が出たら、審判書の謄本を添えて市区町村役場に子供の入籍届を提出します。 子供が15歳歳以上であれば本人が、15歳未満の場合は親権者が行います。

 

4、子供が20歳になると姓の再選択ができる 

 

 なお、子供の姓の変更をした場合で、その子供が20歳になった後1年以内であれば、子供自身で現在の姓か、出生時の姓に戻るかを選択できます。その際には、市区町村役場に届け出をすればよく、家庭裁判所の許可は不要です。